あんこ考

2014年06月14日

あんこ読本

Coming Soon 。。。

 

angohan at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月17日

ぎゅうひ 求肥


アンコ系のお菓子には、必ず何処かで出てくる食材です。
お恥ずかしながら、私、コノ存在をハッキリと認識したのは、最近のことなんです。

「ぎゅうひ」 という言葉、聞いた事 ありました。
でも、気にした事は無かったのです。

どうも私、言葉の響きで変な妄想して、美味しくないイメージを持っちゃったりしてました。
和菓子や、菓子パン、デザート等、いろいろな所で使用されているのに。

「ぎゅうひ」 牛の皮?
なんか お餅みたいな。

実際は、かの、雪見大福や、すあま、いちご大福 などなど。
硬くならない モチ系のお菓子は、基本、ぎゅうひ が使用されていますね。

白玉粉やモチ粉に、砂糖を混ぜて作るそうです。
だから ぎゅうひ とは、甘いモチですね。

唐の時代の 中國から 伝わったモノなんですね。
その頃は、本當に 牛の皮のような色だったので、「ぎゅうひ(牛皮)」と呼ばれたようです。

個人的には、なんか、もっとオシャレな名前にならないものでしょうか…

↓ みつまめ のトッピングなんか にありますよね。 
 あの、おいしい オモチ みたいなカラフルな やーつ。
;
↓ シート狀で売っているようですね。
(リンク 無くなっちゃいました ( ;?;)
 

angohan at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月02日

もなか 最中 考

もなか 最中 について、 詳しくは wikipedia へ。

って これじゃ 意味ないし。

最中って甘すぎで、子供の頃から 敬遠していたきらいがある。

でも、これ何?って、よーく考えたら、アンコ好きの 究極のアイテムなのでは ないのだろうか?


子供の頃、お正月になると、大きな鍋に アンコが作られていた。

アンコ餅にしたり、お汁粉にしたり、お正月の定番だった。

晝間にふと、臺所へ寄ったとき、鍋の中で 黒く アンコが、待ち構えている。

両親が正月の晝寢をしているのを見計らい、鍋に手を突っ込んで、アンコをグリッとすくい上げて、パクッとほおばる。

皆さんも 良くやられた行為なのでは なかろうか。

そこで思う、最中って、アンコをそのまま食べるようなものだよね。

アンコをそのまま食べるための手段?

なら、常に、家にも 「 もなかの皮 」 ( 最中種 と言うらしい ) を常備しておきたいですね。

最中の皮にも歴史あり。

ここで もなかのかわ を作っているよ。 いろいろあって面白い。

加賀種食品工業株式會社 さん

もなかの皮って、アイスをはさんだり、おかずを乗せたり、いろいろ重寶するようですね。


楽天市場でこんなの見つけちゃいました。 ↓

上記の 加賀種 さんの 最中種 を使ったオリジナルの アイスもなか だそうです。

しっかり、 「 あずき 」 も含まれていますよ。

 

イタリアンジェラートの店パスコロ 

ここは イタリアンジェラートのお店なのですね。 すごい種類で驚きです。



angohan at 18:05|PermalinkComments(0)

暖暖日本在线观看高清中文-暖暖视频 高清 日本
康平县| 房产| 新巴尔虎右旗| 东乡县| 三门县| 兴业县| 汝阳县| 永登县| 灵武市| 根河市| 惠水县| 大宁县| 吉安县| 澄迈县| 安庆市| 常山县| 高平市| 涿鹿县| 尼勒克县| 山阳县| 西藏| 商洛市| 阳西县| 福建省|